2月走行距離
2月走行距離136kmと自己最高記録です。

平均ペースも6'16"/kmと向上中。いいかんじ。


走ることが習慣になってきているとはいえ、なかなか毎日走るのは辛い季節です。

そんな冬の寒い時期でも、nike runningでモチベーション維持しています。
nike runnning ではソーシャル機能があって、facebookで繋っている人と走行距離を競いあうことができます。

こんな画面

ランキング
記録が近い人、日々追いこし追い抜かれたりしていると、やっぱり悔しいし嬉しい訳です。
「○○さんも走るだろうからちょっと走ろう」
「走るのかったるいけど、今日走らないと××さんに抜かれるから走ろう」

と良い循環に陥いります。

おかげさまで、自己最高記録。

ということで、nike で繋って競争しませんか?
私のプロフィールはこれ
※ nikeにログインしないと見れません。
iPhoneアプリはこれ↓
無料
(2013.03.03時点)
posted with ポチレバ
ランニング関連本。
何かに嵌ると関連本を沢山読みます。特にランニングは多く出版されているのでついつい…

走ることを続けるにあたって、やっぱりモチベーションは大切です。

これらの本を読むとふつふつとモチベーション湧いてくるのです。
ランナーの方にも、走ろうと思っている方にもオススメっす。



■ 1: BORN TO RUN

裸足ランニングしたくなります。まじ。
そして、トレイルランやりたくなる。


■ 2: 走ることについて語るときに僕の語ること

村上春樹世代です。
なんか文章がグっときます。


■ 3: 風が強く吹いている

スポ根?っぽいし、ファンタジーなんですけど、ぐいぐい惹き込まれます。
箱根の時期に読むと、相乗効果抜群


■ 4: 体幹ランニング

先輩に勧められた本。
105kgだった僕もこれを読んで走れる様になりました。まじ。
これから走ろうと思っている人は必読です。


■ 5:なぜ人は走るのか: ランニングの人類史

走るということ = 人類
みたいな本です。

娘が受験をするというのでこういった本をよんでます。

元々僕も妻も共学の方が良いのではないの?
という意見だったのですが、妻も娘も最近は
どちらかと言うと女子校派。

東京の私立中学は男女別学が多く、また女子校が意外と多いというのもありますが、
現時点ではそんな意見みたいです。

そもそも娘の選択ですし、妻の意見に反対なんかないのですが、それでもやっぱり気になるのが父親というもので…


だって女子校ですよ。女子校。
共学育ちの僕には想像も出来ない世界です。

どちらかと言うと偏見に満ちていたタイプでした。

この本で書かれているのは、男女別学の意味とか女性に対する教育をする意義とか
そして僕が、もっていた誤解を解いてもらえます。

数学を教えるのに男子と女子では教え方が違う。
男子は概要とか大枠からはいる。
そしてやってみる。

女子は初歩からステップステップ踏んで解らなくなったら最初から。


女性の集団は共感力に優れている。
逆に共感されないと…

などなど…


最近女性を対象にしているビジネスをしている我が身にとってもかなり参考になる内容です。
同僚の皆様にもオススメ。

この本を読んでから、女子校に入れた方が良いのではないの?

と僕も思う様になってしまいました。
いやいや、良くない。選択は娘です。

しかし、この表紙…


この表紙バリバリ見せたまま電車の中で読んでました。

ちょっと怪しいおじさん…


Posted from するぷろ for iOS.

Powered by Movable Type 4.0

others

My status


Photos